催眠療法(ヒプノセラピー)・カウンセリング・心理療法 福岡県

催眠療法の活用
人間誰でも悩みはあるものです、一人で考えていないで
まずは相談することから始めましょう。

相談する勇気が大切です!


HOME福岡県

北海道・東北
[ 北海道 ] [ 青森 ] [ 岩手 ] [ 秋田 ] [ 宮城 ] [ 山形 ] [ 福島 ]
関東
[ 東京 ] [ 神奈川 ] [ 千葉 ] [ 埼玉 ] [ 茨城 ] [ 栃木 ] [ 群馬 ]
中部
[ 新潟 ] [ 富山 ] [ 石川 ] [ 福井 ] [ 山梨 ] [ 長野 ] [ 岐阜 ] [ 静岡 ] [ 愛知 ]
近畿
[ 三重 ] [ 滋賀 ] [ 京都 ] [ 大阪 ] [ 兵庫 ] [ 奈良 ] [ 和歌山 ]
中国
[ 鳥取 ] [ 島根 ] [ 岡山 ] [ 広島 ] [ 山口 ]
四国
[ 徳島 ] [ 香川 ] [ 愛媛 ] [ 高知 ]
九州・沖縄
[ 福岡 ] [ 佐賀 ] [ 長崎 ] [ 熊本 ] [ 大分 ] [ 宮崎 ] [ 鹿児島 ] [ 沖縄 ]

福岡市
あいしん相談サービス
TEL
092-739-2290
住所
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1丁目9−27−3F
福岡こころの相談センター
TEL
092-725-5963
住所
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目2−43−4F
エッセンシャルガイド未来・観
TEL
092-725-5204
住所
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10−2−B−301
西日本心理療法センター
TEL
092-713-1563
住所
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目25−15−209
催眠療法センター
TEL
092-724-6477
住所
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目15−1−502
ヒプノセラピー&リラクゼーションサロンLuana
TEL
092-714-4700
住所
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1丁目18−50−201
PS日本催眠指導家協会
TEL
092-522-1076
住所
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾1丁目6−11−505
マインド・サイエンス
TEL
092-525-1678
住所
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾2丁目15−16−404
日本催眠協会
TEL
092-262-0648
住所
〒812-0039 福岡県福岡市博多区冷泉町1−3−205
(有)からだバランス改善クリニック
TEL
092-623-5026
住所
〒812-0054 福岡県福岡市東区馬出6丁目14−10−205
るなの森メンタルヘルスケア
TEL
092-831-1113
住所
〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新4丁目4−5−501

北九州市
催眠療法センター
TEL
093-383-0065
住所
〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目15−45
ナチュラルアンドヒーリング・智香
TEL
093-591-9188
住所
〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水3丁目13−39−B−506
岡村心理センター
TEL
093-645-3001
住所
〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎1丁目5−7−3F

久留米市
催眠療法センター
TEL
0942-21-5552
住所
〒839-0852 福岡県久留米市高良内町4471−1

筑後市
ハッピーフラグメント(happy−fragment)
TEL
0942-52-1736
住所
〒833-0054 福岡県筑後市大字蔵数907−4

大牟田市
マインドヒーリング
TEL
0944-43-1984
住所
〒837-0921 福岡県大牟田市大字三池604−4−3F

【催眠療法とは?】

人工的に意識を催眠状態にしてリラックスと集中力を高め、
潜在意識に直接プラスのイメージや暗示を送り込んでいく療法です。
プロスポーツ選手などがよく行っているイメージトレーニングと同じようなものと考えてください。

【催眠療法は安全です】

催眠状態は睡眠状態とは違い意識はしっかりしているので、周りの状況を感じることが出来ます。
望まない情報は顕在意識がブロックしますので、催眠状態下で人を操ったり、
その人が同意出来ないイメージや暗示を送り込む事は出来ません。
一般的にテレビなどで取り上げられている催眠術とはまったく違うものなのです。
催眠状態で操られたり、洗脳されたりするようなことは無いのでご安心ください。

【このような症状は催眠療法で改善が期待できます】

動悸・声のふるえ・手足のふるえ・赤面・多汗・話がまとまらない・などのあがり症や緊張。
対人関係・対人恐怖・外出恐怖・出社恐怖・電話恐怖・不潔恐怖・パニック障害・その他各種恐怖症。
対人依存・薬依存・アルコール依存・ギャンブル依存・その他各種依存症。
不登校・引きこもり・不眠・自律神経失調症・ノイローゼ・情緒不安・過食症・拒食症・性格改善。
集中力・記憶力・話力の向上・学力向上・記憶力向上・潜在能力開発・自己啓発・願望実現。

【主な療法】

カウンセリング・催眠療法(ヒプノセラピー)・フォーカシング・認知療法・行動療法・家族療法・
動物療法(アニマルセラピー)・自律訓練法・箱庭療法・音楽療法・交流分析・精神分析・
交流分析・夢分析・バイオフィードバック法・イメージトレーニング・コミュニケーショントレーニング・
スピーチトレーニング・会話トレーニング・電話応対トレーニング

Copyright (C) 2007 催眠療法の活用 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system